News
Home > News > 「vibit CMS」がさらに使いやすく。『vibit CMS 6』を2012年9月5日、正式リリース!!

2012年9月5日
PCサイト&スマホサイトが同時に生成できる『vibit CMS 6』をリリース!
~マルチサイト編集・生成機能を新搭載~

 ヴィビットインタラクティヴ株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:萩永 剛史、以下 ヴィビット)は、この度、ますますシェアを拡大しているスマートフォン向けのWebサイト(以下、スマホサイト)において、パソコン向けサイト(以下、PCサイト)と同一の編集画面で、同時にページ編集・生成できる画期的な機能『マルチサイト編集・生成機能』を新しく搭載した『vibit CMS 6』(ヴィビット・シーエムエス・シックス)を、2012年9月5日より販売開始します。

※ヴィビットが、開発・販売している「vibit CMS」(ヴィビット・シーエムエス)は、実際のブラウザ画面を見たまま簡単にページ更新ができる新タイプのCMS(Contents Management System)です。

URL: http://www.vibitcms.com/

■ 『vibit CMS 6』(ヴィビット・シーエムエス・シックス)とは
『vibit CMS 6』は、「vibit CMS」を導入することで、既存PCサイトのコンテンツをスマホサイトのコンテンツとして、ワンソース&マルチユースで活用することができます。ページ更新も定評のある使いやすいページ編集画面で2つのサイトを見たまま・カンタンに同時編集可能です。

また、PCサイト、スマホサイト向けに見せたいコンテンツをブロック記事単位で表示選択もできるので、デバイスに応じた最適なコンテンツの表示切替が可能となります。この機能によって、マルチデバイス向けサイトのページ更新にかける時間やコストを大幅に削減することができます。

ニーズが高まりつつあるスマホサイトの立ち上げにおいて、既存のPCサイトのコンテンツ資産を活かし、余分なコストや労力をかけることなくスマホサイトを立ち上げる事ができるので、サイト運営者はスマートフォンユーザーからのサイト閲覧機会の向上を図ることができ、ビジネスに貢献できるものと思われます。

さらに、ユーザーからのご要望により、新たに「リッチエディター編集モード」を搭載。テーブル(表)や画像、テキストのレイアウトやブロックパーツの挿入も自在に編集できるようになりました。従来の定型テキストフォーム型の編集モードも併用できるので、レイアウトを崩さず規則的なページ表現を守りたいページは、テキストフォームモード、自由なページレイアウトで表現したいページは、リッチエディター編集モードを選択して使い分けることができます。

「vibit CMS」のオプション「vibit CMS ソリューション」では、大量の製品情報をワンソース&マルチユースでコンテンツデータベースを構築・運用できる「vibit Contents DB」の他、会員サイトや企業内イントラネット等のユーザー管理、ユーザー属性別のメルマガ配信、ユーザー嗜好別のコンテンツ表示切り替え(リコメンド表示)等の機能が備わった「vibit User DB」等のパッケージもラインナップ。ユーザーは目的に応じて、「vibit CMS」や「vibit Contents DB」、「vibit User DB」を選択し、カスタマイズ利用することができます。


ヴィビットは、企業Webサイトやスマートフォンサイトの運用・更新業務で、今後ますますニーズが多様化・高度化していくCMS市場において、規模の大小を問わずユーザーの声を重視した「使いやすさ」を最も反映したCMSの開発を通じて、便利で低コストなサイト運営に貢献して参ります。


■「vibit CMS」とは
「vibit CMS」は、実際のブラウザ画面を見たまま簡単にページ更新ができるクラウド型(ASP型)のCMS(Contents Management System)。
実績として、日本赤十字社、ワーナー・マイカル、JALカード、東京大学医学部附属病院、キッセイ薬品工業、東海大学、官公庁、ホテル・旅館、飲食店、美容サロンなど、現在約250サイトのWebサイトやモバイルサイトに導入され、業種や規模を問わず、多くのWebサイト担当者から支持されています。


■『マルチサイト編集・生成機能』の主な仕様

・ページ編集画面のメイン・サブサイト切替メニューの選択で、見たまま&ワンソースで複数サイト(例:PCサイトとスマホサイト)の静的HTMLを生成。(※ケータイサイトはコンバータで動的に生成可)
・ブロック記事単位に複数サイトへの表示 / 非表示の選択が可能。


■オプション「vibit CMS ソリューション」の主な仕様

「vibit Contents DB」の主な仕様
・ワンソース&マルチユース可能なコンテンツ配信管理機能
・公開期間の予約設定機能
・コンテンツ属性の設定機能
・CSVやXML形式ファイルへの入出力機能
・レコメンド表示機能(ユーザー属性別におすすめコンテンツ表示切り分け※)
など

※「vibit User DB」導入時に有効


「vibit User DB」の主な仕様
・ユーザー管理機能
・ユーザー属性別メルマガ配信機能
・ユーザー検索機能
・会員向けマイページ機能
・レコメンド表示機能(ユーザー属性別におすすめコンテンツ表示切り分け※)
・アクセスログ解析機能
など

※「vibit Contents DB」導入時に有効


■『vibit CMS 6』の提供価格

【vibit CMS 6 ライト】
(200ページ迄の小規模サイト向け)
初期導入費:¥157,500   (税込)
年間利用費:¥189,000 / 年(税込)

【vibit CMS 6 スタンダード】
(1,000ページ迄の中規模サイト向け)
初期導入費:¥630,000   (税込)
年間利用費:¥378,000 / 年(税込)

【vibit CMS 6 アドバンス】
(3,000ページ迄の大規模サイト向け)
初期導入費:¥1,260,000   (税込)
年間利用費:¥ 630,000 / 年(税込)

【vibit CMS 6 エンタープライズ ライセンスパック】
(サーバーインストール型でのライセンス販売)
初期導入費:¥1,575,000   (税込)より
年間利用費:¥ 882,000 / 年(税込)より

※複数ライセンスパックのお得なXシリーズもあります。
※上記価格は変更となる場合があります。



■『vibit CMS 6 オプションサービス』の提供価格

【vibit Contents DB】
初期導入費    :¥525,000   (税込)
カスタマイズ作業費:¥315,000   (税込)より
年間利用費    :¥252,000 / 年(税込)

【vibit User DB】
初期導入費    :¥420,000   (税込)
カスタマイズ作業費:¥315,000   (税込)より
年間利用費    :¥252,000 / 年(税込)

※カスタマイズ費用は工数に応じて別途見積。
※上記価格は変更となる場合があります。


■ヴィビットインタラクティヴ株式会社 概要
社名  : ヴィビットインタラクティヴ株式会社
設立  : 2001年7月5日
住所  : 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-16-6 Park Axis 213
TEL   : 03-5421-7555
FAX   : 03-5421-7556
代表者 : 代表取締役 萩永 剛史
資本金 : 1,000万円
URL   : http://www.vibit.net/
事業内容: vibit CMS の開発・販売、
      Webサイトの制作・DBシステム開発・運用


■本件に関するお問合せ先
ヴィビットインタラクティヴ株式会社
Webスタンダード事業部 / vibit CMS 担当
新TEL  : 03-5421-7555
新FAX  : 03-5421-7556
E-MAIL : info@vibitcms.com
URL   : http://www.vibitcms.com/
 
■報道関係者向けお問合せ先
ヴィビットインタラクティヴ株式会社
Webスタンダード事業部/vibit CMS 担当:萩永、宮重
新TEL  : 03-5421-7555
新FAX  : 03-5421-7556
E-MAIL : info@vibitcms.com
URL   : http://www.vibitcms.com/

CMS Solution

vibit CMS Neo

使いやすさ≠高機能を実現した
vibit CMS の新バージョン

vibit CMS 6

見たまま簡単&リーズナブルに導入したい企業向けCMS

vibit CMS EC+

業界No.1の機能数を誇るECサービスとのvibit CMSパッケージプラン登場

vibit CMS DB+

会員DBを手軽に導入できるvibit User DBや 製品情報等の管理・検索に便利なvibit Contents DBなど、高度なサイト構築を実現するvibit CMS DB+

vibit CMS 6

CMS付きのリーズナブルなサイト制作パッケージ

vibit CMS cloud

簡単に無料でホームページ作成