News
Home > News > 『vibit CMS 5』と『vibit DB』(ヴィビット・デービー)正式リリース!

2010年12月8日
「vibit CMS」がさらに進化『vibit CMS 5』とカスタマイズ可能なコンテンツ&会員データベースのクラウドサービス『vibit DB』2010年12月8日、正式リリース!! (プレスリリース)

ヴィビットインタラクティヴ株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:萩永 剛史、以下 ヴィビット)が開発・販売している『vibit CMS』(ヴィビット・シーエムエス)は、実際のブラウザ画面を見たまま簡単にページ更新ができる新タイプのCMS(Contents Management System)です。

この度、画面を見ながら簡単なマウス操作で任意のお問い合わせフォームを作成できる『フォーム作成機能』や自動リンク修復機能付きの『リンクチェック機能』、さらに内部リンク選択時のプルダウンメニューの階層化など、これまでユーザーから要望のあった機能を新しく搭載し、『vibit CMS 5』(ヴィビット・シーエムエス・ファイブ)として、バージョンアップ。2010年12月8日より正式販売を開始します。

また、今回の『vibit CMS 5』のリリースにあわせデータベースシステムとのAPI(アプリケーション・インターフェース)を新たに拡張し、これまでヴィビットが構築したWebベースのデータベース開発案件で培ったMySQLを活用した各種データベースシステムとの連携を強化。低価格でカスタマイズ可能なコンテンツ&会員データベースのクラウドサービス『vibit DB』(ヴィビット・デービー)として新たにパッケージ化し、2010年12月8日に同時リリースすることになりました。

『vibit DB』には、PC向けサイトやスマートフォン、ケータイサイト向けのコンテンツをワンソースでマルチユースできるコンテンツデータベースを構築・運用できる『vibit Contents DB』、コンテンツ情報のカスタム検索に便利な『vibit Search』と、企業の積極的なWebベースのCRMとしても利用できる基本機能に加え、会員サイトや企業内イントラネット等のユーザー管理や、ユーザー属性別のメルマガ配信、ユーザー嗜好別のコンテンツ表示切り替え(リコメンド表示)等の機能が備わった『vibit User DB』の3つのパッケージがあり、ユーザー企業は必要に応じて、vibit CMS や vibit Contents DB、vibit Search、vibit User DBを選択し、カスタマイズして使用することができます。

カスタマイズはヴィビットの専任コンサルタントが企業のニーズをヒアリングしフロント側およびバックエンドのインターフェースを最適化してカスタマイズします。(カスタマイズ費用は工数によって別途見積) これまではカスタマイズできないASPサービスが多い中で低価格でカスタマイズできるメリットをユーザー企業が最大限に享受できるサービスとしています。

また運用面では専用サーバーやメンテナンスのエンジニアを用意する必要も無く、ヴィビットにシステムの監視・保守を一括で任せられるので自社でサーバーや人員を用意する場合と比較して運用コストを約10分の1以下に抑えることが可能です。


ヴィビットでは企業Webサイトやモバイルサイトの運用・更新業務で今後ますますニーズが多様化・高度化していくCMS市場において、規模の大小を問わずユーザーの声による「使いやすさ」を最も反映したCMSの開発を通じて便利で低コストなサイト運営に貢献して参ります。

詳細URL: http://www.vibitcms.com/


■「vibit CMS」とは

「vibit CMS」は、実際のブラウザ画面を見たまま簡単にページ更新ができる新タイプのCMS(Contents Management System)。
実績として、日本赤十字社、ワーナー・マイカル、東京大学医学部附属病院、イオンリテール、東海大学、内閣府など現在約70社のWebサイトやモバイルサイトに導入され、企業の規模や業態を問わず、多くのWebサイト担当者から支持されています。


■『vibit CMS 5』の新しい機能

 ・お問い合わせフォーム作成機能
 ・リンクチェック機能(リンク切れ自動修復機能付き)
 ・内部リンクメニューの階層化対応
 ・グループアクセス権の一括付与機能
 ・ブロック内リスト型コンテンツ登録機能
 ・『vibit DB』パッケージとのAPI強化
 など


■『vibit DB』の主な仕様

 ★『vibit Contents DB』の主な仕様

  ・1ソース&マルチユース可能なコンテンツ配信管理機能
  ・公開期間の予約設定機能
  ・コンテンツ属性の設定機能
  ・CSVやXML形式ファイルへの入出力機能
  ・レコメンド表示機能
   (ユーザー属性別におすすめコンテンツ表示切り分け※)
  など

  ※は、『vibit User DB』導入時に有効

 ★『vibit Search』の主な仕様

  ・コンテンツ検索機能
  ・属性別の検索機能
  ・絞り込み検索機能
  ・被検索キーワードログ抽出&表示機能
  など

 ★『vibit User DB』の主な仕様

  ・ユーザー管理機能
  ・ユーザー属性別メルマガ配信機能
  ・ユーザー検索機能
  ・会員向けマイページ機能
  ・レコメンド表示機能
  (ユーザー属性別におすすめコンテンツ表示切り分け※)
  ・アクセスログ解析機能
  など

  ※は、『vibit Contents DB』導入時に有効


■『vibit CMS 5』の提供価格


【vibit CMS 5 ライト】
 (1人でシンプルに管理するスモールサイト向け)

 初期導入費:¥157,500(税込)より
 年間利用費:¥189,000/年(税込)より

【vibit CMS 5 スタンダード】
 (数十人のユーザーで管理するミディアムサイト向け)

 初期導入費:¥630,000(税込)より
 年間利用費:¥378,000/年(税込)より

【vibit CMS 5 アドバンス】
 (数百人のユーザーで管理するミディアム~ラージサイト向け)

 初期導入費:¥1,050,000(税込)より
 年間利用費:¥504,000/年(税込)より

【vibit CMS 5 エンタープライズ ライセンスパック】
 (サーバーインストール型でのライセンス販売)

 1年間の無償保守サービス付き
 ご相談の上、別途御見積

※複数ライセンスパックのXシリーズもあります。
※上記価格は変更となる場合があります。



■『vibit DB』の提供価格

【vibit Contents DB ASP】※ASP型

 基本システム導入費:¥315,000(税込)より
 月額利用費:¥21,000/月(税込)より
 ※カスタマイズ費用は工数に応じて別途見積

【vibit Search ASP】※ASP型

 基本システム導入費:¥105,000(税込)より
 月額利用費:¥10,500/月(税込)より
 ※カスタマイズ費用は工数に応じて別途見積

【vibit User DB ASP】※ASP型

 基本システム導入費:¥315,000(税込)より
 月額利用費:¥21,000/月(税込)より
 ※カスタマイズ費用は工数に応じて別途見積


『vibit DB』は、サーバーインストール型もあります。


※上記価格は変更となる場合があります。


■ヴィビットインタラクティヴ株式会社 概要

住所 : 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-16-6 Park Axis 213
TEL  : 03-5421-7555
FAX  : 03-5421-7556

代表者 : 代表取締役 萩永 剛史
資本金 : 1,000万円
設立  : 2001年7月5日
URL   : http://www.vibit.net/
事業内容: vibit CMS の開発・販売、Webサイト及びモバイルサイトの企画制作・システム開発・運用


■本件に関するお問合せ先

ヴィビットインタラクティヴ株式会社
Webスタンダード事業部/vibit CMS 担当
新TEL  : 03-5421-7555
新FAX  : 03-5421-7556
E-MAIL : info@vibitcms.com
URL   : http://www.vibitcms.com/

CMS Solution

vibit CMS Neo

使いやすさ≠高機能を実現した
vibit CMS の新バージョン

vibit CMS 6

見たまま簡単&リーズナブルに導入したい企業向けCMS

vibit CMS EC+

業界No.1の機能数を誇るECサービスとのvibit CMSパッケージプラン登場

vibit CMS DB+

会員DBを手軽に導入できるvibit User DBや 製品情報等の管理・検索に便利なvibit Contents DBなど、高度なサイト構築を実現するvibit CMS DB+

vibit CMS 6

CMS付きのリーズナブルなサイト制作パッケージ

vibit CMS cloud

簡単に無料でホームページ作成